2010年03月04日

<外国人選挙権>先送り 反対の国民新に配慮 政府方針(毎日新聞)

 政府は26日、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について、政府提案による今通常国会への提出を見送る方針を固めた。連立を組む国民新党が反対しており、原口一博総務相は同日の閣議後の記者会見で、「連立与党内で立場が異なり、政府提案はなかなか難しい」と表明。与野党内で議員立法の動きが広まるかが焦点となる。

 地方選挙権法案を巡っては、民主党の小沢一郎幹事長の意向を踏まえ、同党が昨年末、政府に検討を要請。鳩山由紀夫首相も同調していたが、平野博文官房長官は26日の記者会見で「連立(与党)の合意を取らなければ、政府から提出するのは大変厳しかろう」と述べ、政府提案は困難との見通しを示した。

 国民新党は「選挙権を付与すると、日本人との間で民族間の対立を招きかねない」などとして、法案提出に反対姿勢を崩していない。原口氏は26日の記者会見で「総務省内で議論の整理をしたが、民主主義の基本にかかわる。国会の場でしっかりご議論いただくことが大事だ」と述べ、議員立法で検討すべきだとの考えを示した。【横田愛、石川貴教】

【関連ニュース】
国民新:「保守」強調 夫婦別姓、外国人選挙権に「反対」
亀井静香氏:「夫婦別姓」にも反対表明
日韓併合:「民族の誇りに傷」岡田外相、韓国側に見解
外国人地方選挙権:自民、都道府県連に「反対採決」を指示
外国人選挙権:8県議会が「反対」に転向

避難住民「すごく怖い」=50年前思い出す−津波観測で宮城、岩手(時事通信)
安木理恵
北海道や大阪、愛媛の警察 「検挙情報」をネット公開(J-CASTニュース)
岡山・倉敷で母子3人刺される 同居の男を逮捕(産経新聞)
「住宅エコポイント」 対象や併用の可否よく確かめて(産経新聞)
posted by rhbprkopkl at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。