2010年04月12日

地元・大阪の客呼び込め 「フライ」デーは新世界へ(産経新聞)

 ■商店主らタッグ、串カツ限定値引き

 串カツ目当ての観光客らでにぎわう大阪市浪速区の新世界で、週末に地元・大阪の人たちを呼び込もうという集客作戦が盛り上がりをみせている。キャッチフレーズは「金曜日はフライデー」。地元商店の若手の会が揚げ物(フライ)と金曜日をかけて命名、14軒の串カツ店が金曜日限定の値引きサービスを始めた。商店主らは「『仕事帰りの一杯を新世界で』という人が増え、街がもっと盛り上がってくれたら」と期待を寄せている。

 新世界の串カツ店は、ここ10年ほどで急増し、現在は約30店舗が軒を連ねる。人気の老舗や派手な看板を掲げる店などさまざまで、今では通天閣と並ぶ新世界の代名詞となった。

 串カツ人気とともに、観光客も増加。家族連れやカップル、外国人らが昼間から目当ての店を探して歩き回り、人気店には長蛇の列ができている。

 一方で、「観光客に比べて大阪の人たちが少なく、寂しさを感じていた」。新世界の商店の若手らで作る「新世界援隊」の副代表、近藤正孝さん(46)は、最近の新世界についてこう話す。

 近藤さんらは、地元の人たちにも新世界を利用してもらおうと昨年8月、毎週金曜日を「串カツの日」に制定。大阪を中心に活動している女性音楽グループ「OSAKA翔GANGS」を起用したポスターやチラシを作製し、配布するなどの活動を続けてきた。

 さらに、新世界の串カツ店14店舗が今年2月から、通常100〜150円程度の串カツを、毎週金曜日には一律「94円」にする「94(くし)祭」サービスを始めた。↓ 串カツ店「横綱」の徳丸博之店長(25)は「串カツブームでお客さんは多いが、地元の人たちに来てもらわないとにぎわいは長続きしない。サービスを始めてからは、仕事帰りの人たちも増えているので、このまま盛り上がってほしい」と手応えを感じている様子。

 近藤さんは「街全体で大阪の人を呼び込み、キタやミナミのように人が集まる場所になってほしい」と話している。

<チリ大地震>支援空振りで1800万円損失(毎日新聞)
余部鉄橋に代わる新橋梁、8月に供用開始(産経新聞)
首相訪米を正式発表 核安全保障サミット(産経新聞)
島根女子大生遺棄から5カ月、県警新本部長「捜査難航…第二の犯行は絶対阻止」(産経新聞)
<福岡発砲>西部ガス支社に脅迫文など届く(毎日新聞)
posted by rhbprkopkl at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

アフガン邦人記者不明「誘拐は承知」官房長官(読売新聞)

 平野官房長官は2日夕の記者会見で、アフガニスタンで取材中の日本人フリージャーナリストの安否不明情報に関し、「誘拐されたということは承知している」と述べ、現地の日本大使館を通じて確認していることを明らかにした。

 具体的な事実関係については「人道的な部分を含めて、発表する、あるいはコメントすることは控えたい」と述べるにとどめた。

 鳩山首相は同日夕、首相官邸で記者団に「早朝、誘拐ではないかという報を受けた」と明らかにした。

 これに関連し、政府高官は「まだ疑いの段階で、明確に事件かどうか分からない。相手側からの要求などはない」と語った。

<強盗>私がやりました…刑務所から自供の手紙(毎日新聞)
訃報 後藤悟さん81歳=立行司の第28代木村庄之助(毎日新聞)
<民主>2次公認・推薦候補を発表(毎日新聞)
橋下知事、新採職員に「国家国民を意識して」(読売新聞)
<菅財務相>今国会中の補正予算編成に慎重姿勢(毎日新聞)
posted by rhbprkopkl at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)

 大澤利昭さん79歳(おおさわ・としあき=元東京薬科大学長、東京大名誉教授、元ヤクルト本社専務)1日、心不全のため死去。葬儀は8日午前10時半、東京都文京区大塚5の40の1の護国寺桂昌殿。喪主は妻玲子(れいこ)さん。

霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
<雑記帳>小雪さんが新作映画PRで表敬 福岡(毎日新聞)
<出資法違反>ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】福祉用具の価格差、なぜ?(産経新聞)
両陛下、神奈川の保安林視察(時事通信)
posted by rhbprkopkl at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。