2010年06月15日

冴えた岡田采配 守備陣集中 最高の試合 勝利への強い気持ちあった(産経新聞)

 日本は発足以来最重要の試合で、最高の試合ができたのではないか。見栄えのいいサッカーではなかったが、選手は90分間、プラン通りに試合を運んだ。「選手は勝つことに徹する試合をしてくれた」。岡田監督もまず選手をたたえた。

 指揮官の采配(さいはい)がさえた。1トップに本田を置き、両サイドに松井と大久保。10日のジンバブエ戦で試しただけの新システムが見事にはまった。

 欲しかった先制点も松井のクロスを本田が決めたもの。まんまと主導権を握った。

 後半、カメルーンが猛攻を仕掛けたが、選手は慌てなかった。

 「大きい選手を入れてロングボールをけってくるのはわかっていた」と長谷部。事前の分析からカメルーンの攻撃パターンを読み切り、ハーフタイムに指示が出ていたため、動揺することはなかった。

 選手交代も的確だった。岡崎と矢野はともに守備でも貢献できる選手。相手の両サイドバックの攻め上がりを抑え、パワープレーの威力を半減させた。特に後半37分の矢野の投入は「このまま逃げ切るぞ」という明確なメッセージに。選手のやるべきことが整理され、迷いなく試合を終えることに成功した。

 岡田監督は「相手の良さを消すことで勝ったとは思っていない。チームを成長させたいという指導者の気持ちは失っていない。ある程度はやったが、それだけでは勝てなかったと思う」と話す。だが、ここ一番で“戦略家”としての本領を発揮したのは確かだ。

 この日の勝利で選手の指揮官に対する信頼はより高まるだろう。そのことが、何より大きい。(森本利優)

宮城県警に発足した「海燕隊」の使命は…(読売新聞)
27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)
<天皇、皇后両陛下>世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)
知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
機械部品、不正輸出図る 容疑で大阪の卸会社捜索 兵庫県警(産経新聞)
posted by rhbprkopkl at 17:14| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。